Research Institute for Sustainable Humanosphere

2019年度 京都大学森林科学公開講座「宇宙と森林科学・木質科学」を開催しました

生存圏研究所と農学研究科森林科学専攻との共催により、2019年度京都大学森林科学公開講座を11月16日に開催しました。今年の公開講座は「宇宙と森林科学・木質科学」というテーマに、63名の参加者が集い、午前は畑講師・村田講師・大村教授による3つの講演、午後からは3コース※に分かれての見学実習が行われました。
(※コースA 「シロアリは地球を救うか?」コースB 「地震に負けない木造住宅」コースC 「コードレスで電気を送り、人類の生存圏を宇宙へと広げる技術」)

プログラム詳細はこちらから

 

「宇宙で役立つ炭」畑 俊充 講師(生存圏研究所)
「宇宙空間で木が育ち、木造建築が作れるか?」村田 功二 講師(農学研究科森林科学専攻)
「宇宙から森を診る」大村 善治 教授(生存圏研究所)
コースC 「コードレスで電気を送り、人類の生存圏を宇宙へと広げる技術」
篠原 真毅 教授(生存圏研究所)

一つ前のページへもどる