Research Institute for Sustainable Humanosphere

ナノセルロースシンポジウム2019を開催しました

2019年3月4日に、第395回生存圏シンポジウム Nanocellulose Symposium 2019「軽くて強いナノ材料 シューズから自動車へ」を開催しました。
疎水化CNF(セルロースナノファイバー)を軸に今後のCNF事業化、開発についての講演・事例紹介などが行われ、会場には700名を超える参加者が集いました。約40機関のブース出展及びポスター会場を設け、充実した展示と活発な意見交換が行われました。

主催:京都大学生存圏研究所
共催:近畿経済産業局及び地方独立行政法人京都市産業技術研究所
後援:ナノセルロースフォーラム、紙パルプ技術協会、セルロース学会、(一社)日本木材学会、京都大学産官学連携本部

当日のプログラムはこちらから

一つ前のページへもどる