Research Institute for Sustainable Humanosphere

e-ASIA共同研究プログラム バンコク準備会合を開催しました(渡辺教授)

生存圏研究所 渡辺隆司 所長・教授の研究課題が、JST e-ASIA共同研究プログラム「代替エネルギー」分野で採択されたことを受け、2019年2月3日にバンコクで準備会合を行いました。

本課題「サトウキビ収穫廃棄物の統合バイオファイナリー」には、京都大学生存圏研究所・エネルギー理工学研究所・エネルギー科学研究科のほか、タイの国立科学技術開発庁(NSTDA)およびチェンマイ大学、インドネシア科学院(LIPI)、ラオス国立大学が連携し、サトウキビ残滓を高付加価値物に変換し、地域社会の再生に寄与することを3年間で目指します。今回のプレミーテイングでは、主要メンバーが京都大学ASEAN拠点に集まり 、参加者・マッチングファンド・研究計画・法令遵守等について意見交換を行いました。

なお、この課題は、「日ASEAN科学技術イノベーション共同研究拠点―持続可能開発研究の推進(JASTIP)JASITP-Net」共同研究パートナーとの研究活動が契機となり発展したもので、今後も多国間での研究協力が発展し、若手研究者の育成が期待されます。

会議風景
渡辺隆司教授(前列右から2人目)

参考リンク:

https://www.jst.go.jp/pr/info/info1357/besshi1.html

http://www.the-easia.org/jrp/pdf/1_Bioenergy_7th.pdf

一つ前のページへもどる