Research Institute for Sustainable Humanosphere

第4回アジアリサーチノード国際シンポジウムが中国南京市で開催されました

2019年12月26日・27日、第407回生存圏シンポジウム・第4回生存圏アジアリサーチノード国際シンポジウムを中国・南京市の南京国際カンファレンスホテルにて南京林業大学との共催により開催し、237名が参加しました。

プログラム等詳細はこちら:http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/arn4/

 講演の様子

生存圏科学に関する8つのセッションで合計35の招待講演があり、活発な議論が行われました。

ポスター発表

学生を中心にポスターセッション153件の発表があり、そのうち希望者41名による1分スピーチセッションも行われました。
ポスター発表者から、Best Student Poster Award 15件を選出し、表彰しました。

  • Best Poster Award 受賞者

P004 Tuo He (Research Institute of Wood Industry, Chinese Academy of Forestry)
P009 Yang Lu (Chinese Research Insititute of Wood Industry)
P017 Motoyuki Kikukawa (RISH, Kyoto University)
P018 Ryotaro Isoyama (RISH, Kyoto University)
P019 Tomoe Taki (RISH, Kyoto University)
P038 Meichun Li (Nanjing Forestry University)
P045 Yanan She (Nanjing Forestry University)
P047 Subir Kumar Biswas (RISH, Kyoto University)
P070 Wataru Ohmuro (Graduate School of Science, Kyoto University)
P089 Chihiro Kimura (RISH, Kyoto University)
P118 Tao Gui (Nanjing Forestry University)
P126 Rui Li (RISH, Kyoto University)
P132 Deqian Yu (Nanjing Forestry University)
P139 Seiya Hirano (Tokyo university of Agriculture and Technology)
P148 Bo Liu (Research Institute of Wood Industry, Chinese Academy of Forestry)

本シンポジウムにおいて ARN の機能を活用した、新たな国際共同研究の発掘と、国際研究コミュニティーの拡大、国際的な若手人材の育成に努めました。

 

一つ前のページへもどる