研究室のメンバー(R3年度)

教職員・スタッフ
 教授梅澤 俊明
 准教授飛松 裕基
   
 特任教授柴田 大輔
 特任教授三上 文三
 特任准教授荒 武
 特任助教山村 正臣
   
ミッション専攻研究員Pui Ying Lam
   
 非常勤研究員高田 理江
   
 技術補佐員尾崎 芽久美
 技術補佐員志智 真由美
 技術補佐員津江 直子
   
 事務補佐員森 恵
 事務補佐員奥村 志美

学生
 博士課程3回生Supatmi
          (インドネシア科学院/研究員)
 博士課程3回生小林 慶亮
 博士課程2回生Osama Afifi
          (アル=アズハル大学/助講師)
 博士課程1回生山本 千莉
 博士課程1回生Ji Pingping
 修士課程2回生陶山 莉菜乃
 修士課程1回生高江洲 広司
 修士課程1回生寺野 真季
 修士課程1回生Fernando Satoshi Tutihashi
 研究生劉 洋

沿革

研究目的と理念

研究環境

プロフィール


梅澤 俊明


教授

京都大学農学博士


 E-MAIL: tumezawa[at]rish.kyoto-u.ac.jp

  ([at]を@に置き換えてください)

 TEL: 0774-38-3625

梅澤

研究・教育歴

 1982. 3京都大学大学院農学研究科博士課程前期課程修了
 1982. 4〜1991. 4京都大学木材研究所助手(リグニン化学研究部門)
 1989. 5〜1990. 6米国バージニア工科大学研究員
 1991. 4〜1993. 3京都大学木質科学研究所助手(生化学制御分野)
 1993. 4〜2004. 3京都大学木質科学研究所助教授(生化学制御分野)
 1999. 4〜1999.12米国ミシガン工科大学客員研究員
 2004. 4〜2005. 6京都大学生存圏研究所助教授(森林代謝機能化学分野)
 2005. 7〜present京都大学生存圏研究所教授(森林代謝機能化学分野)
 2015. 4〜2016. 3京都大学生存基盤科学研究ユニット長
 2016. 4〜2018. 3京都大学研究連携基盤グローバル生存基盤展開ユニット長
 

専門分野

 樹木代謝機能化学


主な研究テーマ

  • 木質形成(細胞壁形成・心材形成)の代謝統御ネットワークの網羅解析
  • バイオエタノール生産やバイオリファイナリー構築に適合する樹木・草本の分子育種
  • 植物フェニルプロパノイド(特に抗腫瘍性リグナン)生合成機構解明

論文・著書

  • Umezawa, T., Higuchi, T. (1985) Aromatic ring cleavage in degradation of β-O-4 lignin substructure by Phanerochaete chrysosporium. FEBS Lett. 182, 257-259

  • Umezawa, T., Higuchi, T. (1987) Mechanism of aromatic ring cleavage of β-O-4 lignin substructure models by lignin peroxidase. FEBS Lett. 218, 255-260
  • Umezawa, T., Davin, L.B., Lewis, N.G. (1990) Formation of the lignan, (-)- secoisolariciresinol, by cell free extracts of Forsythia intermedia.. Biochem. Biophys. Res. Commun., 171, 1008-1014
  • Umezawa, T., Davin, L.B., Lewis, N.G. J. (1991) Formation of lignans, (-)-secoisolariciresinol and (-)-matairesinol with Forsythia intermedia cell-free extracts. Biol. Chem., 266, 10210-10217
  • Suzuki, S., Umezawa, T. and Shimada, M. (2001) Norlignan biosynthesis in Asparagus officinalis. J. Chem. Soc. Perkin Trans. 1, 3252-3257
  • Sakakibara, N., Suzuki, S., Umezawa, T. and Shimada, M. (2003) Biosynthesis of yatein in Anthriscus sylvestris. Org. Biomol. Chem., 1, 2474 - 248
  • Sakakibara, N., Nakatsubo, T., Suzuki, S., Shibata, D., Shimada, M., Umezawa, T. (2007) Metabolic Analysis of the Cinnamate/Monolignol Pathway in Carthamus tinctorius Seeds by a Stable-Isotope-Dilution Method. Org. Biomol. Chem., 5, 802-815
  • Suzuki, S., Yamamura, M., Hattori, T., Nakatsubo, T., Umezawa, T. (2007) The subunit composition of hinokirsinol synthase controls geometrical selectivity in norlignan formation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 104, 21008-21013
  • Umezawa, T. (2003) Diversity in lignan biosynthesis. Phytochemisty Reviews, 2, 371-390
  • Suzuki, S., Umezawa, T. (2007) Biosynthesis of lignans and norlignans. J. Wood Science, 53, 273-284

    上記以外の業績はこちら(あるいは最新の業績ページ)をご覧ください

プロフィール


飛松 裕基


准教授

京都大学農学博士


 E-MAIL: ytobimatsu[at]rish.kyoto-u.ac.jp

  ([at]を@に置き換えてください)

 TEL: 0774-38-3630

飛松

研究・教育歴

 2004. 3京都大学農学部 生物機能科学科 卒業
 2008. 3〜2009. 6日本学術振興会特別研究員
 
 
2009. 3京都大学大学院農学研究科 博士課程修了
京都大学博士(農学)
 2009. 7〜2010. 3米国ウィスコンシン大学生化学部門 研究員
 
 
2010. 4〜2012. 3日本学術振興会海外特別研究員
(派遣先:米国ウィスコンシン大学生化学部門)
 2012. 4〜2013.12米国ウィスコンシン大学生化学部門 アシスタントサイエ
ンティスト/米国エネルギー省グレートレイクバイオエネ
ルギー研究センター植物部門 サイエンティスト(兼任)
 2014. 1〜2015. 2京都大学大学院農学研究科助教
(森林科学専攻 生物材料科学分野)
 2015. 3〜京都大学生存圏研究所准教授(森林代謝機能化学分野)
 

専門分野

 樹木代謝機能化学


主な研究テーマ

  • 植物細胞壁の形成機構および化学構造の詳細解明
  • 植物細胞壁成分(特にリグニン)の有機化学的/代謝工学的改変
  • 化学プローブを活用した植物細胞壁の形態観察・分子イメージング
  • 木質バイオマスのマテリアル・エネルギー利用法の開発

論文・著書

  • Tobimatsu, Y., Takano, T., Kamitakahara, H. and Nakatsubo, F. (2010) Studies on the dehydrogenative polymerization of monolignol β-glycosides. Part 6: monitoring of horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of monolignol glycosides by GPC-PDA. Holzforschung, 64, 173-181.
  • Tobimatsu, Y., Elumalai, S., Grabber, J.H., Davidson, C.L., Pan, X. and Ralph, J. (2012) Hydroxycinnamate conjugates as potential monolignol replacements: in vitro lignification and cell wall studies with rosmarinic acid. ChemSusChem, 5, 676-686.
  • Tobimatsu, Y., Chen, F., Nakashima, J., Jackson, L., Escamilla-Treviño, L.L., Dixon, R.A. and Ralph, J. (2013) Coexistence but independent biosynthesis of catechyl and guaiacyl/syringyl lignins in plant seeds. Plant Cell, 25, 2587-2600.
  • Tobimatsu, Y., Wagner, A., Donaldson, L., Mitra, P., Niculaes, C., Dima, O., Kim, J.-I., Anderson, N.A., Loque, D., Boerjan, W., Chapple, C. and Ralph, J. (2013) Visualization of plant cell wall lignification using fluorescence-tagged monolignols. Plant J., 76, 357-366.
  • Tobimatsu, Y., Van de Wouwer, D., Allen, E., Kumpf, R., Vanholme, B., Boerjan, W. and Ralph, J. (2014) A click chemistry strategy for visualization of plant cell wall lignification. Chem. Commun., 50, 12262-12265.

    上記以外の業績はこちら(あるいは最新の業績ページ)をご覧ください

研究環境

 当研究室で行なっている実験内容および関連分析機器についてご紹介します。

有機合成

有機合成

化合物の定性および定量分析には標品が欠かせません。高価で貴重な重水素標識体を含め市販されていない化合物は有機合成しています。

ガラス
エバポレータ
分子モデリング
GCMS
LCMS
NMR

微量分析

微量分析

酵素反応生成物や抽出成分のような微量物質の分析をしています。主に以下の様な分析機器を使用し、定性的および定量的に測定しています。

GCMS
GCMS
LC IT-TOF MS
LCMS
キラルHPLC
HPLC-ELSD

分子生物学実験

分子生物学実験

遺伝子単離、遺伝子導入、遺伝子発現解析(遺伝子ネットワーク解析)、遺伝子組換え植物の作出などを行なっています。

QIA CUBE
サーマルサイクラー
シーケンサー
定量RT-PCR
クリーンベンチ
分光光度計

リグニン分析

リグニン分析

化学分析法を用いて、リグニンを定量的および定性的に分析します。近年では、ミクロ高速リグニン化学分析講習会も開催しています。

オートクレーブ
GCMS
プレートリーダー
分光光度計

糖化率測定

糖化率測定

硫酸糖化法および酵素糖化法により、エネルギー植物(主にイネ科植物)の糖化率を測定しています。現在では、イネ科遺伝子組換え体やエリアンサスについて評価しています。

ヒートブロックローテーター
プレートリーダー
NIR

組織観察

組織観察

植物体より薄切片を作成し、標的化合物(特にリグニン)および標的遺伝子の局在について分析しています。

顕微鏡

組織培養

組織培養

これまで数種の植物について組織培養を行なってきました。現在アカシア、ポプラ、イネなどについて組織培養を行なっています。

クリーンベンチ
インキュベーター
温室