研究理念

Research philosophy

生活圏構造機能分野のホームページにようこそおいでくださいました!

本研究室は木材や木材をベースにした材料を用いて、安全・安心な構造物をつくる手法の開発やこれまでつくられている構造物の性能を評価する手法の研究開発を実施しています。

木材は古くからある材料ですが、年々そのすがたかたちをかえ進化しています。材料自体が進化することにより、それを用いた構造も一緒に変化しています。また、極大地震が発生すると、多くの木造住宅が被害にあうことがあります。さらに、木材はメンテナンスを実施すれば長期間にわたって使用が可能ですが、それを怠ると急速に劣化を生じてしまいます。

人々の生活が変化している昨今、持続可能な社会構築に向けて構造も変化する必要があります。木材だけで構成するのではなく、ほかの材料や構造などと組み合わせることにより、より合理的で耐久的な構造も可能と考えます。

そのような観点から、本研究室では、新しい接合法や構造の研究・開発を実施しているところです。

 

Welcome to the homepage of Lab. of Structural Function!

The main research topics of our laboratory are around: Utilization of wooden and wood-based composite materials, Development of buildings with high security performance, and Estimation with analysis of mechanical properties of the existing timber structures.

As one of the oldest structural materials, timber is developing constantly in the process of time. Meanwhile the structural form of timber buildings is keeping evolving with the change of material properties. Considering the serious damages caused by huge earthquakes, the bio-deterioration factors and so on, the maintenance of wooden structure is very important, from the point of extending the service life of timber buildings.

Since our life style has been changed, the wooden structures need to be changed to meet the requirement of sustainable society. If we use hybrid structures besides pure wooden constructions, more reasonable and durable structures will be realized by developing the hybrid structure systems with different materials.

From these viewpoints, our laboratory is interested in estimation and analyses of mechanical properties of various wooden structural components and structures, development of high performance houses and mid-rise/ large-scale buildings by utilizing wooden and wood-based composite materials and evaluation of the bio-deterioration factor on the structural performance of the timber buildings.

Please take the reference below

http://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/e/pC1iZ

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る