研究活動

生活圏構造機能分野のホームページにようこそおいでくださいました!

本研究室は木材や木材をベースにした材料を用いて、安全・安心な構造物をつくる手法の開発やこれまでつくられている構造物の性能を評価する手法の研究開発を実施しています。

木材は古くからある材料ですが、年々そのすがたかたちをかえ進化しています。材料自体が進化することにより、それを用いた構造も一緒に変化しています。また、極大地震が発生すると、多くの木造住宅が被害にあうことがあります。さらに、木材はメンテナンスを実施すれば長期間にわたって使用が可能ですが、それを怠ると急速に劣化を生じてしまいます。

人々の生活が変化している昨今、持続可能な社会構築に向けて構造も変化する必要があります。木材だけで構成するのではなく、ほかの材料や構造などと組み合わせることにより、より合理的で耐久的な構造も可能と考えます。

そのような観点から、本研究室では、新しい接合法や構造の研究・開発を実施しているところです。

本ホームページをみられた学生諸君へ

生活圏構造機能分野は、京都大学大学院 農学研究科森林科学専攻の協力講座に属しています。

森林科学専攻の大学院生を受け入れることはもちろんのことですが、現在は建築系の学生が多くいます。とにかく木材をベースにした材料や構造の研究をやりたい学生諸君を歓迎します。

どうぞよろしくお願いします。

生活圏構造機能分野

教授  五十田 博

 

研究テーマ

木材・木質材料を利用して構造物をつくる

研究テーマ詳細例

・CLT(クロス・ラミネッティド・ティンバー)の構造設計法構築

・中層大規模木造/木製耐火部材の構法開発

・木造住宅の地震時被害の軽減

・環境負荷軽減を目指した木造/伝統木造

・生活劣化を受けた構造部材および構造要素の残存耐力評価

・先端技術の応用:センサーによる地震低減/制振構造