-??- Large

-?W??- Medium

Nanocellulose Symposium 2019 第395回生存圏シンポジウム

Nanocellulose Symposium 2019 第395回生存圏シンポジウム 

「軽くて強いナノ材料 シューズから自動車へ」 

主催:京都大学生存圏研究所

共催:近畿経済産業局及び地方独立行政法人京都市産業技術研究所

後援:ナノセルロースフォーラム、紙パルプ技術協会、セルロース学会、(一社)日本木材学会、京都大学産官学連携本部

 ボールペンインク、大人用オムツと親水性CNFから始まった実用化がランニングシューズ・ミッドソール補強用疎水化CNFへと新たなステージに移って来ました。様々な形でCNFを使用した自動車の試作も進んでいます。今回のシンポジウムではSDGs、ESG投資などで大型環境素材としてCNFへの関心が高まる中、疎水化CNFを軸に今後のCNF事業化、開発について考えます。 今回も、約40機関のブース出展及びポスター会場を別室に設け、充実した展示に努めます。 多くの皆様のご来聴をお待ちしています。

 なお、多くの機関の方にご参加いただけます様、今年度も申し込みは1機関3名までとさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

日時:2019年3月4日(月)12時30分~18時00分(受付11時30分から)

会場:京都テルサ テルサホール 

 (京都市南区東九条下殿田町70番地 京都府民総合交流プラザ内)    

アクセス:JR京都駅 八条口より徒歩など 

<公共交通機関をご利用ください。>

http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html

 

◆申込方法

下記のウェブサイトよりお申込みください。←定員に達しましたので、申込を締め切りました。追加募集を行う場合は、当ホームページでご案内いたします。*2月25日(月)13時より二次募集を行います←定員に達しましたので申込を締め切りました。

 

・定 員 600名(先着順・定員になり次第締め切ります。多くの機関の方にご参加いただけます様、1機関3名までとさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願い致します。)

 

・対 象 どなたでも参加できますが、専門的な内容です。

・参加費 無料

 

 

プログラム

 

11:00-12:10 ブース展示(会場:東館セミナー室)

        (この時間帯は出展準備中のところもあります)

 

11:30-12:30 シンポジウム受付 (受付:テルサホールロビー)

 

 

12:30 開会

 

12:35 シューズソールへのCNF利用を語る

1)エコテクノロジーで未来を創る ~セルロースに導かれて~

星光PMC(株) 代表取締役社長 滝沢 智氏

  •  

2)「世界初! セルロースナノファイバー採用シューズの秘話」

(株)アシックス スポーツ工学研究所 立石純一郎氏

星光PMC(株) CNF事業推進部 黒木大輔氏

 

13:45  NEDOリグノCNFプロジェクト

1) プロジェクトの最新状況

  • 京都大学生存圏研究所 矢野浩之氏

2) 熱可塑性樹脂補強における進展

(地独)京都市産業技術研究所 仙波 健氏

3) CNF強化熱可塑性樹脂の微細構造

  • 京都大学生存圏研究所 佐野博成氏

 

14:55- 16:00 展示

 

16:15 環境省ナノセルロースビークル(NCV)プロジェクト

1) プロジェクトの最新状況

(大)京都大学生存圏研究所 臼杵有光氏

2) セルロースナノファイバーの自動車用エンジン部品への応用について

アイシン精機(株) 田中一貴氏 

 

17:00 経済産業省「新素材-CNFナショナルプラットフォーム事業」の取り組み

1) 事業の概要とその活動について

 (地独)京都市産業技術研究所 北川和男氏

2)セルロースナノファイバーの水性塗料への応用と特性評価

 (地独)岩手県工業技術センター 樋澤健太氏

3)セラミックス鋳込成形におけるTCNFによるスラリー分散安定性並びに脱型歩留の向上

 (地独)京都市産業技術研究所  高石大吾氏

4)測ることで見えてくる、セルロースナノファイバー

(株)島津製作所 分析計測事業部 草野英昭氏 

 

17:55 閉会

 

 

ページの先頭へ