menu

第449回生存圏シンポジウム
第3回プラズマ・ナノバブル研究会
(静電気学会支部合同研究会との共同開催)

開催日時 2021(令和3)年9月17日(金)10:30 ~18日(土)15:00
開催場所 オンライン(Zoom)
主催者 京都大学生存圏研究所,静電気学会東北・関西・九州支部
申請代表者 高木浩一 (岩手大学理工学部)
所内担当者 上田義勝 (京都大学生存圏研究所宇宙圏電磁環境探査分野)
関連ミッション ミッション1 環境診断・循環機能制御
関連分野 静電プラズマ,ナノバブル,ウルトラファインバブル,マイクロバブル。

主催:生存圏シンポジウム,静電気学会東北・関西・九州支部
後援:琉球大学

概要

高電圧,プラズマを用いた産業への応用研究は世界的にみても非常に注目されており,またマイクロメートル以下の微細気泡(ナノバブル)研究についても,過去の生存圏シンポ(第325回,413回,435回など)などで開催している様に,新しい研究テーマとなりつつある。申請者らのグループは,高電圧・プラズマ・微細気泡それぞれの基礎原理と共に,相互作用や相乗効果についての研究について幅広い議論を行うため,2021年度も生存圏シンポを継続して開催,より活発な研究集会を開催した。

目的と具体的な内容

第449回生存圏シンポジウムを2021年9月17日(金)–9月18日(土)にオンライン(Zoom)にて開催し,63名の参加者,招待講演12件,意見交換会での研究紹介4件,フリーディスカッション,開会・閉会挨拶を得て盛会に終えることができた.COVID-19のため,昨年度に引き続きオンラインにて開催した。

初日17日は,生存圏シンポジウムとして招へいした濱本准教授,二瓶准教授から,農学応用と帯電に関連するナノバブル研究の紹介をして頂いた。また,静電気学会各支部からの招待講演として,火花放電の基礎理論(大澤教授)からはじまり,滅菌技術(作道准教授),ESD過渡電磁界計測手法(石上教授),マイクロ波プラズマ滅菌(米須教授),マイクロ・ナノ粒子の静電操作(末廣教授),大気圧放電による窒化(市來准教授)と,非常に幅広い研究内容の講演があり,質問時間が足りず,夜のGather(gather.town)を用いたオンライン交流会でも夜遅くまで活発な議論が続いた。

翌日土曜日の講演会においては,引き続き静電気学会各支部からの招待講演として,電気集塵装置による微生物不活性化(瑞慶覧教授),コロナ放電による酸化とその影響(見市教授),水和クラスターイオンの移動度(奥山准教授),光触媒(工藤准教授)と講演が続き,前日に続いて活発に議論が進んだ。また,午後からの意見交換会では,日本の科学技術研究の現状について,科学技術・学術研究所の浦島フェローから紹介があり,特に工学関連の今後の研究活動の活発化について議論された。その後は静電気学会各支部の現状や,生存圏シンポ活動,生存圏科学についての紹介,また12月に開催される「京都大学微細気泡研究会」(開催代表:上田 12/7–8)の紹介などもあり,今後の活動活発化について意見交換し,盛会のうちにシンポジウムを終了している。

また,今年度の今後の予定として,COVID-19による移動制限が無くなり次第,琉球大学にて対面での会議と,琉球大学におけるプラズマ・ナノバブル研究設備の見学を予定している。

生存圏科学の発展や関連コミュニティの形成への貢献

水と大気,各種気体を用いた高電圧,プラズマ,微細気泡の研究は,生存圏においては基礎・応用として利用できる分野が数多くある。また,プラズマ・ナノバブル応用利用の対象の一つに農林水産業がある。生活圏の重要な産業の一つである農林水産業は,国家の枠を超え,人類の地球上での持続可能な自給自足を実現することに直結する。また,申請代表と生存圏所内担当者は,2021年度も継続して生存圏シンポジウム開催し,東北・九州・関東・関西と,ほぼ日本全国にまたがる研究者ネットワークを強化しつつある。

プログラム

9月17日(金)(オンライン)

招待講演
司会:佐藤岳彦(東北大学)
13:00–13:10開会挨拶(大澤副会長,金澤支部長,大久保支部長,上田生存圏シンポ代表)
13:10–13:40大澤敦(東京電機大学・客員教授)
「火花放電の速度論的モデリング」
13:40–14:10作道章一(岡山理科大学・准教授)
「病原体とプラズマ滅菌技術:プリオン不活化を中心として」
14:10–14:20休憩
司会:山里将朗(琉球大学)
14:20–14:40石上忍(東北学院大学・教授)
「ESD過渡電磁界の測定方法及び距離特性の検討」
14:40–15:10米須章(琉球大学・教授)
「マイクロ波プラズマを用いた滅菌 —高真空から大気圧まで—」
15:10–15:20休憩
司会: 金澤誠司(大分大学)
15:20–15:50末廣純也(九州大学・教授)
「マイクロ・ナノ物質の静電操作と応用」
15:50–16:20市來龍大(大分大学・准教授)
「大気圧放電を利用した金属材料窒化技術の研究 —応用から基礎へ—」
16:20–16:30休憩
司会: 上田義勝(京都大学)
16:30–17:00濱本昌一郎(東京大学・准教授)
「多孔質媒体中における微細気泡挙動」
17:00–17:30二瓶直登(福島大学・准教授)
「植物根のイオン吸収における微細気泡の影響」

9月18日(土)(オンライン)

招待講演
司会:大久保雅章(大阪府立大学)
10:00–10:30瑞慶覧章朝(神奈川工科大学・教授)
「電気集じん装置による捕集微生物の不活性化」
10:30–11:00見市知昭(大阪工業大学・教授)
「直流コロナ放電を用いた促進酸化処理における負イオンの影響」
11:00–11:10休憩
司会: 高木浩一(岩手大学)
11:10–11:40 奥山由(苫小牧高専・准教授)
「大気圧イオンドリフトチューブを用いた水和クラスターイオンの移動度およびイオン・分子反応の検討」
11:40–12:10工藤祐輔(日本大学・准教授)
「銅担持による光触媒の可視光応答化」
12:10–12:15招待講演終了挨拶(中締め) (工藤理事,佐藤支部長)
12:15–13:00昼食
意見交換会
司会:佐藤岳彦(東北大学)
13:00–13:15浦島邦子(科学技術・学術政策研究所・フェロー)
「学術活動の役割と将来展開」
13:15–15:00自由発表,今後の活動についてなど
(自由発表:希望者の研究紹介(発表時間は人数割),支部活動予定,全国大会実施相談など)
15:00–15:10閉会挨拶 (3支部長,生存圏シンポジウム代表)

ページ先頭へもどる
2021年4月20日作成,2021年9月29日更新