menu

第430回生存圏シンポジウム
中間圏・熱圏・電離圏研究会

開催日時 2020(令和2)年9月28日(月)~30日(水)
開催場所 オンライン
申請代表者 横山竜宏 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)

目的および内容

中間圏・熱圏・電離圏(Mesosphere, Thermosphere and Ionosphere; MTI)領域は、太陽や宇宙からの粒子及び電磁エネルギーの流入による影響に加え、下層大気から伝搬する大気波動などによって激しく変動する領域である。また、同領域は、衛星測位に対する誤差要因など現代の社会基盤維持といった応用的な観点からも注目が高まっている。本研究集会は、上記のような MTI領域の特徴を意識し、この領域で生じている物理・化学過程の理解を深めること、および他の研究領域や社会への応用を俯瞰的に捉えることを目的とする。平成10年度に第1回目が開催され、以後、形式は時代の要請に合わせて変更を重ねながら、分野内の議論を深める場として20年間継続して開催されてきた。

近年、MTI分野に限らず地球惑星科学分野の国際化に向けた動きに伴って、関連する学会やシンポジウムでの発表が英語化されつつあり、学生・若手研究者にとって日本語での正確な発表と議論を行う場が減ってきている。そこで、学生・若手研究者が自分の研究発表と議論を通じて研究の理解度を高めるだけでなく、質疑応答を訓練することを目指すことを目的とした研究集会を開催する。昨年度も同様の試みで開催し、参加学生からの評判も良かったことから、継続開催とすることとした。また、「STE現象報告会」、「宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会」、および「太陽地球系物理学分野のデータ解析手法、ツールの理解と応用」に関する研究会との合同開催を予定しており、主要な参加者の利便性から、名古屋大学での開催とすることとした。

ページ先頭へもどる
2020年7月22日作成