大学院案内

受験方法

本研究室は、農学研究科応用生命科学専攻所属になります。
そのため、農学研究科応用生命科学専攻の修士課程学生募集(最新版)を参照してください。


本研究室の受験を希望される方へ

矢崎教授にmail してから、研究室をお訪ね下さい。 研究所訪問日には、矢崎先生をはじめ、実際に院試を受験したものより、本研究室で行っている研究内容や研究設備、及び受験に関するアドバイスを致します。 また、大学院受験をサポートするための過去問、授業のノート等をお貸しできます。

試験日:毎年 8月下旬(京都大学大学院農学研究科修士課程学生募集要項参照
定員:60名程度(応用生命科学専攻全体で)


応用生命科学専攻に関する情報

応用生命科学専攻ホームページへ

研究室訪問はいつでも受け付けていますので、気軽にお越しください。

お問い合わせは 矢崎教授 まで、お願い致します。


院試の勉強方法を教えます!

院試をサポートするための過去問、授業のノート等があります。

<院試の勉強法>

◎英語

  1. 問題は過去問を見ていただけばわかりますが、英文和訳が4題です。
  2. 解くときに注意すること ちゃんとした日本語を書く→直訳しない!!
  3. 直訳をしないための勉強法
    a.日本語が正しくかけているか誰かに見てもらいましょう。(これが一番確実です。)
    b.時間を置いてから文章を見直しましょう。(みんなが忙しそうなときはこの方法で)→思い込みではなく客観的に自身の文章を評価することです。 なんにせよ、直訳をしないことです。
    c.正しい日本語が使われている訳がついているものを教材に選びましょう。 →大学で電子ジャーナルを利用できる人、図書館に雑誌がある人は、日経サイエンス(日本語版)とscientific American(英語版)を日本語訳と英語の教材として使用することをお勧めします。  きれいな日本語が使われています。
    注)同じ刊でも日本語版と英語版の記事が一致していないので、同じ記事を探してダウンロードしてください。

◎専門科目

  1. 応用生化学(教科書:ヴォート生化学)
  2. 生物有機化学(教科書:パイン、ヴォルハルト=ショアー)
  3. 物理化学(教科書:特定のものなし)
  4. 応用微生物学(教科書:特定のものなし)
  5. 植物生命科学(教科書:特定のものなし)
  6. 総合応用生命科学(教科書:特定のものなし) ノート等は研究室に来ていただけば、貸し出しいたします。