menu

第401回生存圏シンポジウム
宇治リコネクションワークショップ2019

開催日時 2019(令和元)年10月22日(火)9:00
開催場所 熊本大学黒髪キャンパス理学部1階 小講義室
申請代表者 銭谷誠司 (神戸大学都市安全研究センター)
所内担当者 海老原祐輔 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)
関連ミッション ミッション2 太陽エネルギー変換・高度利用

研究会Webページ:
https://sites.google.com/site/heliosphericphysics/reconnection2019

目的および内容

宇宙空間のプラズマ環境で磁力線がつなぎ変わってエネルギーを解放する「磁気リコネクション」過程について、理論・シミュレーション・観測・データ解析など、様々な手法で研究を進めている研究者を集め、互いの研究内容を発表し、議論する場を提供する。

本研究会は、(1)参加者の利便性を考えて、地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)の秋学会と連続して開催することと(2)毎年大きなテーマに沿った招待講演者を選び、まとまった話をしていただくことを2大特徴としている。そして、過去2年のテーマ「太陽圏のリコネクション観測研究(2017年;参加者26名)」「太陽圏リコネクションのシミュレーション研究(2018年;参加者23名)」に続けて、本年度は「磁気リコネクションの実験研究」をテーマに

  • 蔵満康浩さん(大阪大学):高強度レーザーを用いた磁気リコネクションの実験研究
  • 田辺博士さん(東京大学):実験室リコネクションのトモグラフィ観測

の方々に講師をお願いして、当該分野の最新事情をご講演いただく予定である。

ページ先頭へもどる
2019年6月28日作成