第10回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム
第322回生存圏シンポジウム


赤道大気レーダーシンポジウムは、 赤道大気レーダー全国国際共同利用 の成果発表を中心として、 2007年度から毎年開催してきました。 2007年度は28件、2008年度は29件、2009年度は26件、2010年度は19件、2011年度は17件の講演発表が行われました。 参加者数は2007年度42名、2008年度48名、2009年度39名、2010年度37名、2011年度41名でした。 2012年度から「MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム」として開催し、 2012年度は29件、2013年度は33件、2014年度は33件、2015年度は25件、2016年度は22件の講演発表が行われ、参加者数はそれぞれ58名、74名、68名、66名、54名でした。
今年度も MUレーダー全国国際共同利用 赤道大気レーダー全国国際共同利用 の成果発表はもちろん、 広く大気科学に関連する(観測・モデル・理論研究を含む)研究成果や計画、 大気レーダーに関する研究成果について講演発表を募集します。
赤道大気レーダーは今年で完成から15周年を迎えます。 赤道大気レーダー及びその関連研究に関するレビュー発表も歓迎致します。

日時: 平成28年9月8日(木)・9日(金) (9月8日のシンポジウム終了後、懇親会(有料)を行います。)
場所: 京都大学 宇治キャンパス 宇治総合研究実験棟5階セミナー室 HW525
主催: 京都大学生存圏研究所
参加費: 無料
プログラム

過去の赤道大気レーダーシンポジウム

第1回(2007年度)プログラム
第2回(2008年度)プログラム
第3回(2009年度)プログラム
第4回(2010年度)プログラム
第5回(2011年度)プログラム
第6回(2012年度)プログラム
第7回(2013年度)プログラム
第8回(2014年度)プログラム プロシーディング
第9回(2015年度)プログラム プロシーディング
第10回(2016年度)プログラム プロシーディング

問い合わせ先

〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
京都大学生存圏研究所
橋口浩之
TEL: 0774-38-3819, FAX: 0774-31-8463
E-mail: ear-sympo@rish.kyoto-u.ac.jp

生存圏研究所Top Page