京都大学生存圏研究所
京都大学生存圏研究所

京都大学生存圏研究所
       全国共同利用に向けた第7回生存圏シンポジウム


木の文化と科学

自然科学と人文科学の接点を探る

 

WOOD CULTURE AND SCIENTIFIC RESEARCH

IN SEARCH OF COMMON POINTS IN THE NATURAL AND HUMAN SCIENCES


 日 時:平成17年2月24日(木曜日)
 場 所:生存圏研究所 木質ホール 3階セミナー室
       (宇治市五ヶ庄 京大宇治キャンパス、JR黄檗駅または京阪黄檗駅徒歩 5-7分)

【プログラム】

10:00−10:05  挨拶
    松本 紘(京都大学生存圏研究所)

10:05−10:15  はじめに
    伊東隆夫(京都大学生存圏研究所)

10:15−11:45  「木製品と遺跡」
    山田 昌久(東京都立大学人文学部) :原始・古代における森林資源利用システム
    鈴木 三男(東北大学理学部附属植物園) :遺跡出土材に見る針葉樹材利用の歴史
    綾部 之 (伝統工芸士:京都木工芸(協)) :木の肌ざわり

11:45−13:00  休憩

13:00−15:00  「仏像の木」
    金子 啓明(東京国立博物館) :日本の木彫像の樹種と用材観
    Mechtild MERTZ(京都大学生存圏研究所) :中国由来の仏像彫刻の樹種同定
    江里 康慧(仏師): 御衣木について
    根立 研介(京都大学美学美術史学研究室) :
              日本の木彫像の造像技法ー特に割矧造りと寄木造りの問題を中心にしてー

15:00−15:15  休憩

15:15−16:45  「古建築の木」
    窪寺 茂 (奈良文化財研究所 ) :視点の転換ー塗装技法研究からみた日本建築の姿
    小川 三夫(宮大工) :木のいのち、木のこころ
    横山 操 (京都大学生存圏研究所 ) :木材の経年変化の解明への試み

16:45−17:00  総合討論
17:00−17:05  閉会
    川井秀一(京都大学生存圏研究所)