京都大学生存圏研究所
京都大学生存圏研究所

全国共同利用化に向けた第6回生存圏シンポジウム


 − 木・土・竹 自然素材を活用した木造軸組住宅の提案とその利用−


日 時:平成17年2月15日(火曜日)
場 所:京都大学生存圏研究所 木質ホール3F 大セミナー室


【プログラム】

進行係:師岡敏朗(RISH)
10:30-10:40 [開催挨拶] 松本 紘(RISH所長)
10:40-11:00 [木質材料実験棟の全国共同利用化に向けての動き] 小松幸平(RISH)

[研究発表T]
11:00-11:20 自然素材耐力壁の性能・直交壁の役割:森拓郎(RISH)
11:20-11:40 木質接合具の開発とその応用:井上雅文(東大アジア生物資源環境研究センター)
11:40-12:00 自然素材活用型木造軸組住宅の限界耐力設計:小松幸平(RISH)

12:00-13:00 [昼食]

[招待講演]
13:00-14:00 持続的森林資源と木質構築物:有馬孝礼(宮崎県木材利用技術センター長)
キーワード:木造軸組み住宅、人間生活圏、持続的森林資源、地域材、人類の生存圏

[研究発表U]
14:00-14:20 自然素材活用型木造軸組住宅の建築:片岡靖夫(中部大学、建築学科)
14:20-14:40 CCA処理廃棄木材の無害化への取り組み:畑俊充・今村祐嗣(RISH)
14:40-15:00 木造住宅とユビキタス電源:篠原直毅(RISH)

[Tea time]
15:00-15:20 木橋〜階段周辺

[総合討論]
15:20-17:20 キーワード:持続的資源循環、木造住宅の住環境、材料開発、自然素材
 話題提供:
   矢野浩之(RISH),今村祐嗣(RISH),神谷文夫(森林総研),飯島泰男(秋田県大木高研)
   梅村研二(RISH)
 コーディネーター:川井秀一(RISH)


[閉会挨拶]
17:20-17:30 森 拓郎(RISH)