京都大学生存圏研究所
京都大学生存圏研究所

全国共同利用化に向けた第9回生存圏シンポジウム
  「赤道大気レーダーによる電離圏研究とその広がり」


日 時: 平成17年3月17日13:00〜17:30
場 所: 京都大学生存圏研究所 遠隔講義室HS109


【 プ ロ グ ラ ム 】 >>PDF
13:00-13:10  主催者あいさつ

13:10-13:25  CPEAにおけるプラズマバブル観測- バブルのseedingは?
   小川忠彦、大塚雄一、服部誠、塩川和夫(名大STE研)

13:25-13:40  2004年12月26日のスマトラ島西方沖地震後の電離圏全電子数変動
   大塚雄一,津川卓也,小竹論季,塩川和夫,小川忠彦(名大STE研)

13:40-14:10  Some aspects of ionospheric irregularities revealed by the EAR and Gadanki radar
   A. K. Patra (NMRF, India)

14:10-14:25  プラズマバブルの発生時刻と東西大規模構造
   横山竜宏、多山哲郎、山本衛、深尾昌一郎(京大RISH)

14:25-14:40  イオノゾンデによるプラズマバブルの磁気共役観測
   斎藤享(情報通信研究機構)

--- 休憩---

14:55-15:15 低緯度熱圏・電離圏のロケット観測計画
   渡辺重十(北海道大学)

15:15-15:35  プラズマバブルが電子航法に与える影響と対策
   星野尾一明(電子航法研究所)

15:35-15:50  日本周辺におけるプラズマ・バブルの観測
   斉藤昭則(京大理)

15:50-16:05  IGS-GPS受信機網データを用いたプラズマ・バブルの出現特性
   西岡未知、斉藤昭則(京大理)

16:05-16:20  An unusual new type of long lasting meteor echoes observed at VHF and HF
   C. Haldoupis (University of Crete)

16:20-17:30 総合討論

コメント
 深尾昌一郎(京大RISH)
 Roland T. Tsunoda (SRI International)

連絡先: 京都大学生存圏研究所 山本衛
電話0774-38-3814
E-mail: yamamoto@rish.kyoto-u.ac.jp


 関連シンポジウム

 関連ミッション
  萌芽ミッション   ミッション1   ミッション2   ミッション3   ミッション4   全学共同利用