Research Institute for Sustainable Humanosphere

京都大学春秋講義にて当研究所から山川教授と海老原准教授の2名が講演しました

2017年11月の京都大学春秋講義「身近になった宇宙」にて、当研究所から2名の教員が講演しました。2回にわたる講演でしたが、どちらも立ち見がでるほど盛況でした。

京都大学春秋講義の詳細はこちらから

11月4日 「オーロラから宇宙を知る ―オーロラ研究の最新事情」
生存科学計算機実験分野 海老原祐輔准教授

11月11日 「ロケットと人工衛星計画の極意、そして、驚きの宇宙利用法」
宇宙圏航行システム工学分野 山川宏教授

一つ前のページへもどる