Research Institute for Sustainable Humanosphere

今年度のオープンセミナーが終了しました

2018年度のオープンセミナーが盛況のうちに終了しました。
「オープンセミナー」は水曜日の昼食時に開くRISH内の勉強会です。RISH内外から講師を招き、研究所内における成果の共有、新しい研究シーズの発見、研究協力の強化に努めています。今年度はオープンセミナーを計13回開催し、約300名の参加がありました。そのうち6回は生存圏アジアリサーチノードと連動して、インターネットを通じてインドネシア研究院(LIPI)と航空宇宙研究所(LAPAN)に海外配信しました。

過去のオープンセミナー詳細はこちらから

 

10月24日「ストレプトスリシン類縁抗生物質の生合成研究に見出した新規アミド合成酵素 」
濱野 吉十 (福井県立大学大学院生物資源学研究科・教授)
10月31日「International agricultural cooperation between Taiwan and Central America/Fiji: citrus diseases as an example」
Chun-Yi Lin  (京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
1月23日「Controlling Distributed Cooperative Systems – Robots, Fish, Energy 分散協調システムの制御ーロボット,魚群,エネルギー」
川嶋 宏彰 (京都大学大学院情報学研究科・准教授)
1月30日「Effects of normothermic conditioned microwave irradiation on cancer cells – aiming to develop novel cancer therapies マイクロ波精密照射による癌治療の確立に向けて」
浅野 麻実子 (京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)

一つ前のページへもどる