Research Institute for Sustainable Humanosphere

ナノセルロースシンポジウム2017が開催されました

 

2017(平成29)年3月13日に、第337回生存圏シンポジウム~CNF材料開発は異分野連携で~が開催されました。大型産業資材としてのセルロースナノファイバーの利活用には異分野連携が不可欠として、特別講演や異分野連携の事例紹介を行いました。併せて、生存圏研究所を集中研として進めているNEDOプロジェクトの成果発表ならびに「部素材産業-CNF研究会」の成果発表を行うとともに、約40機関のブース出展及びポスター会場を別室に設け、充実した展示を行いました。

主催:ナノセルロースフォーラム
   京都大学生存圏研究所

一つ前のページへもどる