Research Institute for Sustainable Humanosphere

信楽MUレーダー見学ツアー2018を開催しました

11月17日に信楽MUレーダー見学ツアーを開催し、午前と午後の部を合わせて117名の参加がありました。
当日は、研究所の教員による電波を使った大気研究についての講演に続いて、教員および観測所スタッフによるMUレーダーおよび各種大気観測装置の見学ツアーを行いました。最後に、気球を用いた大気計測手法(ラジオゾンデ)を説明し、来場者と一緒に気球を放球する観測実演を実施しました。上昇していく気球が見えなくなるまで観察し、またリアルタイムで送信されてくる上空の大気情報が表示されるモニターを見ながら参加者との交流を深めました。

 

山本教授が「レーダーを使って大気を測る-信楽とインドネシアからの研究紹介-」の講演を行いました
MUレーダーアンテナ面に降りて見学を行いました
MUレーダー観測室で制御装置の説明を行いました
気球を用いた高層大気観測(ラジオゾンデ観測)の実演を行いました

一つ前のページへもどる