研究のねらいと概要 /  Research Target and Outline


 大気圏環境情報分野では、衛星からのグローバルな観測や精緻な定点観測・実験データとを相互補完的に実施・利用し、大気環境に関するそれらの情報を総合的に解析することによって、地球大気の診断を行っています。

 たちのグループでは特に、フィールド測定やラボ実験による研究を通じて、地球大気における微量物質の動態解明に力を注いでいます。微量物質とは、二酸化炭素やメタンのように、地球の大気にごくわずかしか含まれない成分を指します。地球大気の99%は窒素と酸素であり、微量成分は1%にも満たない“少数派”です。しかしながら、グローバルな温暖化をはじめ、オゾン破壊、光化学オキシダントといった生存圏で生起する環境変動は、大気微量成分の量的・質的な分布が時間的・空間的に変動することと密接に関わっています。微量物質の変質や循環のプロセスを調べることによって、環境変動の本質を探っています。

 方、私たちは、微量物質の変質・循環を調べる研究を通じて、陸域生態系と大気の関わりあいを理解することも目指しています。生存圏研究所には、様々な角度から森林や植生を研究しているグループがありますが、森林圏に代表される植生を含む陸域生態系は、地球の表層環境を特徴づける重要な要素です。生態系があることによって、地球表層と大気の間では、多岐の種類にわたる物質が様々な時間空間スケールで交換されています。それらの中には、二酸化炭素やメタンのように温室効果を有する成分もあれば、大気化学反応の担い手や雲の凝結核として寄与する物質も含まれています。ですから、微量物質の変質や循環を調べると、陸域生態系にとって大気が存在している意味、大気にとって陸域生態系が存在している意味が見えてきます。その結果、例えば環境変動が生態系と大気圏との関わりあいに与える影響についても、理解を深化させることができるはずです。

 に私たちは、人里離れた森の奥深くや人口の密集する都市域へ測定器を持って(時には、担いで!)出かけます。またある時は、先端的機器を配した実験室にこもって実験をしています。フィールドに出て観測を行うにも、実験室で実験を行うにも、既存の装置を使って計測や分析を行うのではなく、独自の計測技術を開拓することを念頭に置いています。理学、農学、工学といった既存の学問分野の枠組みに必ずしもとらわれない柔軟なアプローチによって、ラジカルな研究活動を進めています。

 のページでは、私たちの研究内容を紹介します。